読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

Suzukiの備忘録。主に海外PCゲーム中心。

Destiny of Crownセカンドレビュー [デスクラ]

 

suzukisan.hatenablog.com

 先日、デスクラのファーストインプレッション記事を投稿した。

引き続いて、改めてセカンドレビューを書いてみたい。

 

ゲームジャンルSRPGとは?

シミュレーションRPGというジャンルを筆者は厳しくプレイした経験が薄い。そのため見当違いなことを書くかもしれない。

ただデスクラはSRPGの皮を被った別の何かだと指摘したい。

  1. ビルド
  2. ファーミング
  3. 達成感

このゲームの根底にある楽しさはこの3つだ。

SRPGとしてはマップの広さが狭いという問題があるし、何より戦術を練るよりもギアリングすることでユニットを強化する方向に拡張性がある。

 

運営はゲームの内容を理解しているだろうか?

個人的に疑問なのは、開発の中にデスクラをプレイしている人間がいるか?ということだ。恐らくだがいないのではないだろうか。なぜならプレイヤーのニーズに対して、運営は適切なレスポンスを行えていないからだ。数点指摘しておく。

 

  1. 欲しい物を与えられていない
    先日からジェム9800購入で75万ゴールドを追加するというキャンペーンが始まった。だが、プレイヤーはゴールドなど欲していない。
    また、本当にプレイヤーが求めている「武器」の入手経路が非常に限定的である点について対策を打ち出さない。

  2. 強化の内容
    先日、単体攻撃系の強化パッチが当てられた。だが本当にそれでいいのだろうか?おそらく運営は各キャラクターの使用率しか見ていない。あるいは100円ライターによって濫造されるアフィ目的の記事か?
    例えば闇ナズダンは範囲攻撃が使えるから強い、風ナズダンは単体だからゴミ、という認識があったとする。だが、根本的にはナズダンは強い武器を与えられていないために、今のところ相対的に弱い、というのが答えなのだ。本当に強いキャラクターは別にいる。
    先にユニットの方を強化してしまって本当に大丈夫か?武器の調整は反発が抑えられるが、ユニットの下方調整は厳しい反応を招くだろう。デスクラはすでにインフレゲームへの道をサービスイン1ヵ月の段階で歩き始めている。

  3. ストレスフルなデザイン
    プレイヤーにとって、頻繁に行う行動にリソースを消費させられることは非常にストレスになる。(そのリソースの管理そのものがゲーム性に組み込まれているのなら別だが)そして、そういった消費行動が課金に直結させられると、これはもう嫌がらせ以外の何物でもない。特に、この2点を指摘しておきたい。

    ・装備の付け外しに資源を消費させる(以前はクリスタルだったが、現在はゴールドに置換された。筆者は意味のない項目なので削除するべきだと思う)
    ・イベントのスタミナ消費が激しすぎて、1度プレイする毎にスタミナ回復権を購入させられる(こんなところでマネタイズするべきではない)


何をするべきか?

まず大きい問題として、PvP要素の再設計をするべきだ。これは早期から計画して、必ず達成しなければならない。サービスを持続させるためには競争性を組み込んでコアプレイヤーの顕示欲を満たす必要がある。

(細かいところで言えばキャラクターごとの殿堂入りは3位まで表示するべきだと思う。表彰は無料で相手の顕示欲を満たす)


次に現在のゲーム性の拡張だ。すでに述べたがデスクラにはSRPGとしての素地が無いのだから、ハックアンドスラッシュ的なアイテム入手による快感を追求しなければならない。


最後にマネタイズの見直しだ。具体的には次の2点を提案したい。

  • 属性変更ガチャ
    すでに所持しているキャラクターの属性をランダムに変更する権利を販売する。
    これによって「弱い」属性を引いたプレイヤーが調整を騒ぐ問題をマネタイズに転換する。
    ヘビーな課金ユーザーはそもそもスキルレベルをあげるために複数属性をガチャで得るのだから、属性変更チケットはそういったユーザーとはバッティングしない。
  • 9800ジェムの付録を武器チケットにする
    武器の入手経路が限定的な点をマネタイズに転換する。ただこのやり方は抱き合わせ商法的で、取引上の法制に引っかかる点があるかもしれない。

Pay to WinとTime to Winのバランスを取り、プレイヤーが「払うかファームするか」迷うような選択肢を常に取らなければならない。

 

Destiny of Crown ファーストインプレッション [デスクラ]

destinyofcrown.com

GW中、旅先でデスティニーオブクラウンをプレイし始めた。

理由はTL上で先行してプレイしている人がいたのだが、仕様が穴だらけで、非常に私好みだったからだ。

ゆえに、この記事を書く現在、筆者はデスクラプレイ4日目に過ぎない。

 

リセマラ

以前は特別必要無い行為だったかもしれないが、現在はやった方がいい。リセマラの効果としては、冒険モードの2週目である宿命をクリアするまでの期間が短くなる、という感想だ。

リセマラランキング!と銘打っているものでは、闇ナズダンが推されているが、筆者は魔法系の☆5でタイル型スキルを持っているものを推す。理由は後述。

 

装備

デスクラはキャラの性能が半分、装備の性能が半分というゲームだ。キャラはリセマラできるが、装備は選べない。

まず2017年5月18日まで開催されているイベント期間中であれば、☆4の装備であるイグニート武器が配布される。だが、これは魔法型限定の武器で、闇ナズダンには持たせることができない。

しかも武器はガチャでは手に入らない。(注:あるにはあるが、1回しか購入できないという制限付き)

そのために課金しても、最序盤では物理キャラは魔法キャラに勝てない。リアルラックを現金で補うというソーシャルゲーム特有のムーブが許されないのだ。

これが魔法キャラでスタートする最大の理由だ。

 

課金

非常にマイルド。まずガチャを引く理由が無い。

レアリティの低い☆3ユニットの中にサポート型、タンク型として優秀なものが多く、数をそろえて強化すれば十分に進行できる。

そして、そうやって集めた☆3ユニットを適当にそろえて引退(売却)すればクリスタルという通貨が手に入る。

この通貨で☆4、5確定のガチャを引ける。

 

ただしイベントのスタミナ消費が非常に激しく設定されているために、現状レベル28の筆者では、ここだけは毎回スタミナ回復として10ジェムを支払う必要がある。

おそらくだが、三週目である天命を回しているプレイヤーであっても保有ジェムの多くをスタミナ回復に振り向けているのではないかと思う。

 

正直、マネタイズの手法に疑問符が付きまくっているが、ここぐらいしか資金回収する場所が無いのも事実なので、運営には頑張ってもらいたい。

 

総論

比較的クラシックなソーシャルゲームながら、ガチャへの依存度はローンチ当初の現在は低く抑えられている。

4人制+1フレンドから来るビルド×ファーミング=圧倒的成長、というハクスラめいた方程式を楽しむことのできるゲーム。

ただマネタイズとプレイヤー人口の点で不安が残るために、将来的なサービスの持続に対しては期待できないかもしれない。

エグリアはいいぞ

【公式】EGGLIA(エグリア) ~赤いぼうしの伝説~

 

先日発売されたエグリアの攻略記事が乏しいので、自分で書いておきます。

 

1.素材集め

まずエグリアは素材集めをするゲームだと思ってください。

素材の使い道は以下の通りです。

  • 料理をふるまって精霊を呼ぶ
  • 村人の依頼をこなして親密度アップ(クエスト進行に必要)
  • 住宅を大きくする(村人との親密度アップが加速)
  • 家具をそろえる(たのしい)

上位の素材は、ストーリー進行することで出現することが多いです。

エルフのロビンとの親密度はストーリーに関連するので優先してください。

 

集め方は2通りです。

  • マップで仲間に採集してもらう
  • グレムリンの商店で購入する

基本は前者です。商店に商品が並ぶには、一度自力で入手する必要があります。

素材は大きく以下のように分類できます。

  • 精霊の料理素材
    肉類、魚類、野菜類
  • 住宅などの建材
    木材、石材、浮遊材

この内、肉類木材は、仲間が採集してくれません。

肉類が欲しければマップのモンスターを倒してドロップさせる。

木材が欲しければマップの木を切り倒す必要があります。

(主人公の村での職業は狩人兼木こりと言ったところでしょうか)

 

マップを攻略する際には、仲間をまんべんなく連れていきましょう。贔屓の仲間がいるのはわかりますが、それでは素材が偏ってしまいます。

商店での購入に絡んで説明しておきます。一日に一回、30分解放されるスペシャル島のマップではゴルド木材が手に入ります。

これは商店で売却すると1000Gになります。商店での素材購入を繰り返すなら、この木材の伐採が金策になります。

スペシャル島では曜日に応じた属性の、ポテトの種苗も手に入ります。ですからスペシャル島で木材を切り、宝箱から種苗を手に入れてクリアーする、というのを繰り返すのが効率面では良いでしょう。

 

ちなみに一日一回と書きましたが、この制限は「スペシャルキー」というアイテムで解除できます。報酬でもらえるものの他に、フレンドからもらったクジ引きからも出ます。ですからスペシャル島を何度も回したい人はフレンドを作ってください。

 

2.精霊

ここまででエグリアの基本的なゲーム進行の説明は終わりです。

素材を集め、親密度を上昇させ、ストーリーを進行する。

ですが、エグリアの戦闘は何もしないままだと、まず負けるバランスになっています。

ポイントになる点を書いておきます。

  • サポートの位置に、回復スキルを使える精霊を置く
  • 好みのポテト(与える際に青い水晶マークがつく)を3個与えるとスキルレベル1上昇
  • 基本はブロンズの精霊を使う

最初に与えられるゴサンケのサリア(海月)が回復を使えます。まずソルトポテトを与えて、彼女のスキルレベルを最大の5(ポテト12個分)にまで引き上げてください。

スキルの消費マナが3にまで減少します。

これだけで、序盤の攻略はかなり楽になるはずです。

 

中盤以降のお話をします。

このゲームにおいて通常攻撃はオマケです。(サイコロの出目に左右されるため)

基本は攻撃ルーンで弱点属性を突くことになります。

ですから、低コストの単体攻撃スキル持ちを全属性そろえるのが良いでしょう。

この点でブロンズの精霊は強化がしやすいため主力になります。

 

おそらくプレイ開始当初は料理のメニューを見て、高級料理を注文しようとするかもしれませんが、まず騙されたと思って安い料理を何度も注文してください。ブロンズの精霊は強化すれば非常に強いです。

ブロンズを集めて、好みの精霊を見つけたら強化する。

高級料理を注文することになるのは、スペシャル島を安定して攻略できるようになってからで良いでしょう。

 

最後にゴールド精霊の話をしておきます。

ポテトには各属性ごとに3ランクのTierが存在します。

Tier1のポテトはブロンズの好物で、Tier2のポテトがシルバーの好物です。

問題はスペシャル島の宝箱からTier3のポテトを得られる確率が低いことです。

Tier2のポテトまでならスペシャル島を回しておけば、問題なく集められますが、ゴールドの強化は厳しいです。

 

そこで利用するのが高級料理です。

料理で出現した精霊が入手済みだった場合、お詫びに対応したTierのポテトを2個くれます。Tier3のポテトは、このダブリを利用することになります。800Gの料理を量産してください。

 

とりあえずは以上です。

エグリアはいいぞ。

不快

seaotters.seesaa.net

 

直接的に鈴木と名指しにされているので、はっきり言わせてもらうけれども、おれは今まで一度も匿名性の掲示板に書き込んだことはない。Twitterなりblogなりで、自身の名において発信する場所を持っている。

勘違いも甚だしいし、全く不名誉なことなので非常に不快だ。

 

追補:付け加えるなら、蜜柑でpukuが話題に上がったことはまず無い。おれ個人が気持ち悪いなあ、この人、と思っているだけだ。

端的に言って

  1. まずプレイしても興奮しなくなった。敵にも味方にもうんざりしている。GW2をプレイしても脳が活性化する感じがしない。Conan Exilesや読書では感じられるので、この点でおれはまだインポテンツではない。
  2. 指先の末端冷え性が酷い。春先になっても改善しないために、瞬発的な操作量が低下している。ただしタイピング速度が落ちていたりするわけではないので、これは単にプレイ時間が極端に低下していることによって神経系がチューンされていないことも影響しているだろう。訓練すれば改善されるだろうが、それだけのモチベーションが得られない。
  3. 目。画面が眩しく感じられるようになってきた。これが一番老いたと感じられる。眼鏡やモニターを調節して対応したい。
  4. プレイ時間。夜勤になる。SEAタイムにギルドをリードすることは難しくなるだろう。
  5. ゲームに対する見方。提示されるコンテンツが(GW2に限らず)ことごとく面白く感じられない。これは季節性の鬱症状に酷似しているが、一方で自分自身が小説を書いている、あるいは刺激的な読み物を読んでいることには快感を感じられるため棄却できる。単に最近のゲームが面白くないのだろう。よく趣向を凝らした玩具を提示してもらいたいのに、作りかけの出来損ないのようなものばかり売り出されているように感じる。子ども騙しだ、馬鹿馬鹿しい。

久しぶりにやったら

SYNのChronomancerが面白いので研究する。でもあれは単体で成立しない。

以前にもtanky mesはあったけど、frontlinerとbacklinerを明確にわけた訓練がいる。

 

結局T1と戦うとコンバットで勝つか負けるかは全体としては意味が無い。

(コンバットで勝てるならそれでいいけど、勝てなくても問題ない)

(相手に合わせて適切に対応すればいいだけ)

(敵数が40を越えたあたりから一回のコンバットで勝つことの意味が薄れて来る)

(60越えても一緒だけど、40+20にされると無理)

(無理というかこっちも2headにする必要がある)

 

どれだけ相手に牛叩き込んでhome keepのsupplyを無駄食いさせるか、というゲームになる。

(50blobに10decay食らわせたら500supplyをhome keepからresupさせられる。20decay全損したらblobはresupに困る)

(当然すべてのオブジェクトはsupplyを枯渇させた状態で譲渡しなければならない)

(守る側からしたら、keepにサプライを貯める行為は意味が無い)

 

poison gasとシールドジェネレーター以外は必要ない。defでAC立てるとかアホ。normal treb4台でlord room毒ガスで満たしたら負けてもいい。

(個人的には全部放棄してtier落とすべきだとは思う)

 

とりあえず週一で見に来たけど、やっぱり意味ないね。

PAINはゴミ。

BBより弱い。

JQ死ね、カルタゴ滅ぶべし

言っておくが

ゼルダしかやってないぞ

 

  1. そもそも記事はGW2と関係ない視点から書いた。
  2. 記事に反応されてたの知って若干ヒク
  3. おれはヒゲと違って、Pukuに対して生理的嫌悪しか抱いてない
  4. 最近はPvEビルドみたいなのしか使ってない
  5. タグアップするコマンダーがいたら、まともなビルド使える
  6. そんな奴はいない
  7. Zerg Punishしかしてない
  8. っていうかCloudfly糞雑魚過ぎねえ?中身変わったっしょ
  9. Anetはマルチアカウントで調査してBANしてくれ
  10. ホントに中身変わってない?ホントに?生後半日の山羊みたいなひ弱さだけどホントに?ktrainしかできないレベルになってない?
  11. だからって60人連れてくるのはやめろ
  12. SEA帯とNA帯のギャップを算定してマッチングしろ
  13. さっさとRating落としてまともにSEAで遊べるマッチングにしたい
  14. JQ死ね、カルタゴ滅ぶべし