備忘録

Suzukiの備忘録。主に海外PCゲーム中心。

4作目

 

ドーラ

3作目。

 

けものフレンズより、アライさん。

2作目。

 

反省点は多い。

  • 線画の完成度は、作品の完成度に直結する。
  • 下塗りの塗り残しがある。
  • 影の付け方がわからない。
  • 光の入れ方がわからない。

おれは。

 

絵描きに転向した。

More than necessary toxics.

Dear Puku.

 

TwitterだとTLは流れるし、こうしてメッセージとしてはっきり残しておきたい。

(本当はそちらのblogの最新記事のコメント欄に残したいけど、随分前からコメントを閉鎖してるから)

 

関係の発端はおれがJQを嫌ってたことだと思う。

これはゲームローンチに遡って、JQに日本人が集まってFAは第二候補みたいな扱いをされてたことが原因だ。

さらに言えば[SADS]と(補注しておくと、これは日本人ギルド。昔のHanaさんがいたところ)プロレスしたのもあって、決定的になった。

何にしたっておれはFotMとJQを蛇蝎の如くに嫌ってる。

 

それはPuku、君とは関係ない。

おれが君にToxicな(君のよく使う表現を借りるなら)態度をしているのは、おおむね君が先にMKNかおれ個人に対して、Negativeな言動を公にしたときだ。

(おれが勝手に勘違いしたこともあるだろうとは思う)

昨日からの一連のtweetはimagrのCute>MKNという言動が引き金になってることは指摘しておく。

 

その上で、長く君に対して否定的な見解を示していたことについて、こうしてはっきりと文章に残す形で謝罪したい。

今後はおれから君に対して、あるいは君の周囲に対して侮辱的な発言はしないだろうと約束する。

それというのも、おれも君も接点と呼ぶべきものを持っていないにも関わらず、必要以上に敵視が過熱していると思う。

長くプレイする上で、これ以上は良くない。

 

(こういった敵視を、少なからず原動力にするプレイヤーもいるけれども、君はそういったNegativeなものをポジティブに転化できる人間ではないと感じている。おれは転化するけれども、プレイ時間が取れない以上は無責任だと感じる)

 

先に、接点を持っていない、と書いた。

MKNは一度だってsolidであったりorganizedであったりwvwギルド、とかpvp hardcoreなどといった看板を掲げたことはない。

これは本当に一度だってない。

 

ここからは注文とアドバイスを兼ねたことで、君が聞きいれるかどうかは関係ない。

今のGW2はorganizedなグループがunorganizedなZergにいくら勝とうが価値がないバランスになっていることは、分かるだろうか。

HoT以前なら、そういった勝利に価値があったと思うけれども、今は勝って当然というか、勝算が非常に高い。

少なくとも5manが10manに勝つのは不思議なことではない。

そういった勝利をひけらかすことに価値はないし、それはsolidであったりplatinumであったりと普段に誇る人間がやることではない。

(一つどうでもいい訂正をするなら、おれはbronzeではない。goldだ。苦笑)

pvpにおいても適切にmeta buildをピックできるなら、goldは難しくない)

 

今も昔もFAにそういったorganizedなチームは存在しない。

見かけ上のセットアップをそろえるギルドはあるけれども。

 

君が自分の所属するチームの価値を高めたいなら、unorganizedなチームについて言及するべきではないし、scrimを持ちかけられるだけの実力があるなら、その結果について語った方がいい。

 

君がやっていることは、自分の強さに対する言及ではなく、相手の弱さを貶めているだけだ。無論、おれがやっていることもそうだ。

(まあ、おれはそういった言動が普段な男だけれども)

 

ただこのtweetだけは煽る意図なく、本心にそう思う。

おそらくsolidを志向標榜している日本人は、君が最後だ。

おれはふとそのことに気付いて、君を批判的な目で見ることはやめようと思った。

 

最後に改めて、もう一度書くけれども、これまで君に対して言及した侮辱的な発言は撤回したいと思うし、今後はそういった言動は行わないと約束する。

それで君にどうこうしてくれ、なんてことはない。

ただ、おれは随分長い期間、自分が必要以上に君に対してtoxicであったことに気付いただけだ。

 

 

Destiny of Crownセカンドレビュー [デスクラ]

 

suzukisan.hatenablog.com

 先日、デスクラのファーストインプレッション記事を投稿した。

引き続いて、改めてセカンドレビューを書いてみたい。

 

ゲームジャンルSRPGとは?

シミュレーションRPGというジャンルを筆者は厳しくプレイした経験が薄い。そのため見当違いなことを書くかもしれない。

ただデスクラはSRPGの皮を被った別の何かだと指摘したい。

  1. ビルド
  2. ファーミング
  3. 達成感

このゲームの根底にある楽しさはこの3つだ。

SRPGとしてはマップの広さが狭いという問題があるし、何より戦術を練るよりもギアリングすることでユニットを強化する方向に拡張性がある。

 

運営はゲームの内容を理解しているだろうか?

個人的に疑問なのは、開発の中にデスクラをプレイしている人間がいるか?ということだ。恐らくだがいないのではないだろうか。なぜならプレイヤーのニーズに対して、運営は適切なレスポンスを行えていないからだ。数点指摘しておく。

 

  1. 欲しい物を与えられていない
    先日からジェム9800購入で75万ゴールドを追加するというキャンペーンが始まった。だが、プレイヤーはゴールドなど欲していない。
    また、本当にプレイヤーが求めている「武器」の入手経路が非常に限定的である点について対策を打ち出さない。

  2. 強化の内容
    先日、単体攻撃系の強化パッチが当てられた。だが本当にそれでいいのだろうか?おそらく運営は各キャラクターの使用率しか見ていない。あるいは100円ライターによって濫造されるアフィ目的の記事か?
    例えば闇ナズダンは範囲攻撃が使えるから強い、風ナズダンは単体だからゴミ、という認識があったとする。だが、根本的にはナズダンは強い武器を与えられていないために、今のところ相対的に弱い、というのが答えなのだ。本当に強いキャラクターは別にいる。
    先にユニットの方を強化してしまって本当に大丈夫か?武器の調整は反発が抑えられるが、ユニットの下方調整は厳しい反応を招くだろう。デスクラはすでにインフレゲームへの道をサービスイン1ヵ月の段階で歩き始めている。

  3. ストレスフルなデザイン
    プレイヤーにとって、頻繁に行う行動にリソースを消費させられることは非常にストレスになる。(そのリソースの管理そのものがゲーム性に組み込まれているのなら別だが)そして、そういった消費行動が課金に直結させられると、これはもう嫌がらせ以外の何物でもない。特に、この2点を指摘しておきたい。

    ・装備の付け外しに資源を消費させる(以前はクリスタルだったが、現在はゴールドに置換された。筆者は意味のない項目なので削除するべきだと思う)
    ・イベントのスタミナ消費が激しすぎて、1度プレイする毎にスタミナ回復権を購入させられる(こんなところでマネタイズするべきではない)


何をするべきか?

まず大きい問題として、PvP要素の再設計をするべきだ。これは早期から計画して、必ず達成しなければならない。サービスを持続させるためには競争性を組み込んでコアプレイヤーの顕示欲を満たす必要がある。

(細かいところで言えばキャラクターごとの殿堂入りは3位まで表示するべきだと思う。表彰は無料で相手の顕示欲を満たす)


次に現在のゲーム性の拡張だ。すでに述べたがデスクラにはSRPGとしての素地が無いのだから、ハックアンドスラッシュ的なアイテム入手による快感を追求しなければならない。


最後にマネタイズの見直しだ。具体的には次の2点を提案したい。

  • 属性変更ガチャ
    すでに所持しているキャラクターの属性をランダムに変更する権利を販売する。
    これによって「弱い」属性を引いたプレイヤーが調整を騒ぐ問題をマネタイズに転換する。
    ヘビーな課金ユーザーはそもそもスキルレベルをあげるために複数属性をガチャで得るのだから、属性変更チケットはそういったユーザーとはバッティングしない。
  • 9800ジェムの付録を武器チケットにする
    武器の入手経路が限定的な点をマネタイズに転換する。ただこのやり方は抱き合わせ商法的で、取引上の法制に引っかかる点があるかもしれない。

Pay to WinとTime to Winのバランスを取り、プレイヤーが「払うかファームするか」迷うような選択肢を常に取らなければならない。

 

Destiny of Crown ファーストインプレッション [デスクラ]

destinyofcrown.com

GW中、旅先でデスティニーオブクラウンをプレイし始めた。

理由はTL上で先行してプレイしている人がいたのだが、仕様が穴だらけで、非常に私好みだったからだ。

ゆえに、この記事を書く現在、筆者はデスクラプレイ4日目に過ぎない。

 

リセマラ

以前は特別必要無い行為だったかもしれないが、現在はやった方がいい。リセマラの効果としては、冒険モードの2週目である宿命をクリアするまでの期間が短くなる、という感想だ。

リセマラランキング!と銘打っているものでは、闇ナズダンが推されているが、筆者は魔法系の☆5でタイル型スキルを持っているものを推す。理由は後述。

 

装備

デスクラはキャラの性能が半分、装備の性能が半分というゲームだ。キャラはリセマラできるが、装備は選べない。

まず2017年5月18日まで開催されているイベント期間中であれば、☆4の装備であるイグニート武器が配布される。だが、これは魔法型限定の武器で、闇ナズダンには持たせることができない。

しかも武器はガチャでは手に入らない。(注:あるにはあるが、1回しか購入できないという制限付き)

そのために課金しても、最序盤では物理キャラは魔法キャラに勝てない。リアルラックを現金で補うというソーシャルゲーム特有のムーブが許されないのだ。

これが魔法キャラでスタートする最大の理由だ。

 

課金

非常にマイルド。まずガチャを引く理由が無い。

レアリティの低い☆3ユニットの中にサポート型、タンク型として優秀なものが多く、数をそろえて強化すれば十分に進行できる。

そして、そうやって集めた☆3ユニットを適当にそろえて引退(売却)すればクリスタルという通貨が手に入る。

この通貨で☆4、5確定のガチャを引ける。

 

ただしイベントのスタミナ消費が非常に激しく設定されているために、現状レベル28の筆者では、ここだけは毎回スタミナ回復として10ジェムを支払う必要がある。

おそらくだが、三週目である天命を回しているプレイヤーであっても保有ジェムの多くをスタミナ回復に振り向けているのではないかと思う。

 

正直、マネタイズの手法に疑問符が付きまくっているが、ここぐらいしか資金回収する場所が無いのも事実なので、運営には頑張ってもらいたい。

 

総論

比較的クラシックなソーシャルゲームながら、ガチャへの依存度はローンチ当初の現在は低く抑えられている。

4人制+1フレンドから来るビルド×ファーミング=圧倒的成長、というハクスラめいた方程式を楽しむことのできるゲーム。

ただマネタイズとプレイヤー人口の点で不安が残るために、将来的なサービスの持続に対しては期待できないかもしれない。