読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

備忘録

Suzukiの備忘録。主に海外PCゲーム中心。

WvWにおけるメタゲーム 2

前回のエントリではバンカーEleとそれを取り巻くバーストビルドというメタ環境について概観した。

今回はそこから一歩進んで、ではどういうビルドを組むべきかについて考えたい。

安直に行くならばおれもバーストするぜ!というのでも良いが、ここでは環境にどう対応するかという観点から考えよう。

例によってソロから少人数戦を念頭におかれたい。

 

では以下にビルドが備えるべきポイントを列挙しよう。

  1. バンカーEleを突破できる打撃力があるか?
  2. Ele及びPerma Stealth ThiefのConditionに対して対応できるか?
  3. 100B War及びCritThiefのバーストを受けても立て直せるか?
  4. 100B Warのブルチャージ等のCCをBreakstunできるか?
  5. 逃げるThief、Mesを捕まえるだけの機動性あるいはRange攻撃を持っているか?(Eleも捕まえたいところだが、基準として非常に厳しい)

さらにSoloをメインとするならば、複数人との遭遇に際して離脱する手段を持っているか?という点も考慮したい。

 

以下に、私の考える解を述べる。

  1. Powerを積むべし。最低でも装備のマイナーアトリビュートとして採用すべし。
  2. 15秒に一度Conditionを解除できることを最低ラインとするべし。
  3. これについては幾つか解がある。改めて後述する。
  4. 最低でも1枚。60secCDを最低ラインとするべし。
  5. 1200Rangeの攻撃あるいはImmo、あるいはBlink等を持つべし。

1については特に述べることはない。Powerは基本である。

2はプロフェッションによっては難しいかもしれない。これが難しい場合にはLife20000を最低でも確保することになる。

 

3について詳しく述べたい。

考えられる解として、次のものを組み合わせたい。

  • Toughnessを積む。
  • Vitを積む。
  • 無敵、あるいはブロックを積む。(ex.Warであればエンデュアペインのようなスキル)

無敵、という解は例外的なものである。これを採用する代表はMesである。

MesのSword#2やF4はかなり強力なスキルであり、使いこなせるならToughnessやVitを積むまでもないだろう。

 

さて、ToughnessとVitである。

ではどちらを積むべきか?

結論から言えばToughnessを積むべし。

理由はいくらLifeを伸ばしたところで、Healが追いつかないから。

Vitを積むのはHealSkill以外のHeal手段を持ったビルドに限られると言ってよい。

そして、メタの点から見て「バンカーEleの隆盛がCondiビルドの減少を招いているから」である。

 

4と5は書いてあるとおりなので省略する。

 

以上の条件をあなたのビルドは満たしているだろうか?

次回はこれらの条件を踏まえて実際にビルドを組んでみたい。